水位計・流速計・雨量計の自動流量観測システム|水文器械による観測データと付加情報の統合により新たな情報価値を創造するセンシング&ソリューション事業で社会に貢献

塩水遡上監視システム
河川汽水域での塩分遡上の観測が可能

特長

  • 河川汽水域における海水遡上の観測が可能
  • 電気伝導度の鉛直分布の観測により塩分遡上の傾向を確認
  • 非接触型センサーを使用し、塩分濃度の影響を受けない水位観測が可能
  • 本装置の電気伝導度センサはφ30mmで耐水圧1MPa以上であるため、長期間の水没計測が可能
  • 電気伝導度は25℃換算で計測されます。電気伝導度の測定は、0~0.2S/m、0.2~2.0S/m、2.0~10.0S/mの3レンジ自動切替のため、淡水ベース(0.005~0.03S/m)から海水およびトレーサー(5~10S/m)まで高精度に計測

仕様

  • 測定項目

    水位水温電気伝導度(EC)

  • 測定方式

    超音波センサ半導体センサ交流4極

  • 測定範囲

    0.3~10m(標準)-5~+50℃<0~10S/m

  • 精度(以内)

    ±0.1% of FS±0.2℃2% of FS/m

  • 最小表示

    0.01m(標準)0.1℃1×10-4S/m

利用事例

  • ◆ 河口付近での塩分遡上調査、潮位観測

観測フィールド例

河川 地下水 ボーリング孔 農業用水路 工事現場 樋門 海洋 等

対象製品

水位計 水質計 等