多ch孔内濁度計
RT700(F)-M2T

本機は、VP50以上のボーリング孔内の濁度を長期連続計測するための 孔内 濁度計です。 1台の計測器 で最大 5chまでの濁度を監視できます。 汚濁水中でもセンサ光学面を洗浄する ワイパー を標準装 備しています。

販売

レンタル

特長

  • 本体は防滴ケースと DC12Vで動作する屋 外仕様
  • 計測間隔は最短 1分から計測可能
  • 非通信型のデータは 1GBSDカードに記録
  • 電気工事や 通信工事が不要 (ソーラー電池 セット 、 3G/4G通信利用)
  • ダム貯水池の水質観測 に
  • 最終処分場周辺地下水の水質監視 に
  • 最終処分場周辺地下水の水質監視に

仕様

  • 機器型式

    RT700-M2T(非通信 ) / RT700F-M2T(通信 )

  • 個別機器

    ロガー孔内濁度センサ

  • 個別型式

    RT700 / RT700FK79N

  • 測定項目

    濁度(最大 5ch)、電源電圧濁度(TB)

  • 測定方式

    90°散乱光式

  • 測定範囲

    0 400FTU

  • 分解能

    0.1FTU

  • 精度

    ±2% of F.S.

  • 材質

    ポリカーボネートSUS316

  • 重量

    約1.1kg約0.4kg (ケーブル除く ) 標準

  • 標準ケーブル長

    25m

  • 計測間隔

    1分~ 24時間の約数で設定

  • 記録方式

    産業用SDカード( 1GB)、 CSV形式

  • 防水性能

    IP65 相当

  • 通信規格

    NTT docomo 3G/4G通信

  • 電源

    DC12V

  • 消費電流

    計測時:60mA以下(ワイプ時は約 90mA 通信時 110mA以下 待機時: 0.6mA以下

関連製品

関連する製品はありません。

  • 機器導入事例
  • カタログ