孔内濁度計
RT710(F)-2T

本機はVP50のボーリング孔内に吊り下げ設置可能な細型センサを採用した孔内濁度計です。 汚濁水中でもセンサ光学面を洗浄するワイパを 標準 装備 しています。

販売

レンタル

特長

  • 細型濁度センサ(Φ Φ38mm)採用 で小口径管 のボーリング孔内での使用が可能
  • 汚濁水中でも連続観測を実現するワイパを 標準装備(濁度センサ)
  • 計測間隔は最短 1分から計測可能
  • 非通信型のデータは 1GBSDカードに記録
  • 通信型のデータは IoTクラウドサー ビス “わかるくん と SDカードに記録
  • 電気工事や通信工事が不要 (ソーラー電池 セット 、 3G/4G通信利用)
  • 工事現場周辺の地下水・井戸の濁水監視に

仕様

  • 機器型式

    RT710-2T(非通信 ) / RT710F-2T(通信 )

  • 個別機器

    ロガー孔内濁度センサ

  • 個別型式

    RT710(非通信 ) / RT710F(通信 )K79

  • 測定項目

    濁度、電源電圧濁度TB

  • 測定方式

    90°散乱光式

  • 測定範囲

    0 400FTU

  • 分解能

    0.1FTU

  • 精度

    ±2% of F.S.

  • 材質

    ポリカーボネートSUS316

  • 重量

    約1.1kg約0.4kg(ケーブル除く

  • 標準ケーブル長

    25m

  • 計測間隔

    1分~ 24時間の約数で設定

  • 記録方式

    産業用SDカード( 1GB)、 CSV形式

  • 防水性能

    IP65 相当

  • 通信規格

    NTT docomo 3G/4G通信

  • 電源

    DC12V

  • 消費電流

    計測時:40mA以下(ワイプ時は約 70mA 通信時: 110mA以下 待機時: 0.6mA

関連製品

関連する製品はありません。

  • 機器導入事例
  • カタログ