観測データ通信ソリューション
多様なアプリケーションの通信ニーズに対応

販売

レンタル

特長

  • 携帯電話サービス圏外エリアでの観測データの無線通信ソリューションを構築
  • 通信距離数km以内(最大2〜10km)、特小無線区分であるので、無線局申請不要
  • 経路冗長化による信頼性の確保が可能
  • ネットワークカメラ等、データ量が多い場合でも使用可能
  • 自営LoRa(LPWA)網を使用する場合、中継により通信距離を伸ばすことが可能(要電源)
  • データをクラウドサーバーに送信する場合は、ゲートウェイ部に接続回線(携帯電話網、固定通信網など)が必要
  • NETIS登録製品である、クラウドサービス“わかるくん”の併用で、工事成績評価点と総合評価落札方式の加点対象

動画紹介

利用事例

  • ◆ 携帯電話サービス圏外エリアでの観測
  • ◆ 観測機器のIoT化

観測フィールド例

河川 地下水 ボーリング孔 調整池 調節池 ダム 砂防 湖 沼 ため池 農業用水路 下水道 工事現場 樋門 海洋 等

対象製品

水位計 流速計 水質計 雨量計 風向風速計 気象計 採水器 等

  • 機器導入事例
  • カタログ