水位計・流速計・雨量計の自動流量観測システム|水文器械による観測データと付加情報の統合により新たな情報価値を創造するセンシング&ソリューション事業で社会に貢献

電波式感雨計
RT720-R

本機は、マイクロ波電波を用いて、10秒単位で降雨の有無を非接触で判別検知する雨量計です。
降雨有無の判別検知とあわせて、雨粒の大きさと雨の強さも出力します。
本器は24GHz帯域の電波法認可の特定小電力無線発信器を使用しており、発信器周辺3~5m域を観測する狭域ドップラーレーダー降雨計です。

特長

  • 上空3~5m域に電波を発信することで、従来の接触型降雨検知センサより検知範囲が広く、雨の降り始めを検知するのに優れています。電波の照射範囲は、上空45度の方向に、半減半値角は水平80度、垂直32度での照射です。微雨を捉える事に優れているため、転倒ます雨量計では反応しない微雨をカウントすることが可能で、降雨あり状態の時刻を正確にカウントできます。また、可動部が無いため、メンテナンスフリーで運用可能です。設置も専用金具で立ち上げ菅に簡便に取り付けることができます。データはRS-232Cシリアル出力で10秒毎に出力されます。あわせて信頼性の高い産業用SDカードに記録されます。

仕様

  • 型式

    RT720-R

  • 観測項目

    降雨有無信号
    雨粒の大きさ
    雨の強さ
    電波反射強度

  • 測定原理

    マイクロ波のドップラー効果

  • 使用電波

    24GHz 3mW(特定小電力機器)

  • 空中線

    パッチアンテナ

  • 計測時間

    10秒毎常時計測

  • 計測方向

    上空45度方向

  • 計測範囲

    3~5m

  • 表示機能

    LCD 20 桁×4 行 バックライト付き

  • データ記録

    SDカード 1GB CSV形式

  • 外部出力

    RS-232C

  • 使用環境

    -10~60℃(発信部に氷結無きこと)

  • 保存環境

    -20~60℃

  • 構造

    RT720-R:ポリカーボネート、IP65 K55D:塩ビ

  • 外径寸法

    RT720-R:W177×H215×D100mm(突起部含まず)
    K55D:40×40×128mm(突起部含まず)

  • 電源

    DC12V

  • 消費電流

    100mA以下

  • 質量

    約1.1kg以下

  • 取付金具

    アルミ製

  • 構成品

    RT710-U(計測表示器)
    K55D(電波発信器、標準10mケーブル付き)
    SDカード
    発信器取付金具
    RS-232Cケーブル
    DCケーブル
    ACアダプター

  • 取扱い区分

    レンタル:×  販売:○

観測フィールド例

河川 地下水 ボーリング孔 調整池 調節池 ダム 砂防 湖 沼 ため池 農業用水路 下水道 工事現場 樋門 海洋 等